ASAKURA KOUHEI

朝倉 弘平

あさくら  こうへい

絵かき

​絵かき

あさくら  こうへい

はじめまして。

絵かきのASAKURA KOUHEIです。

水彩やアクリル絵の具を使って絵を描いています。木の板や画用紙に描くことが多いです。

クライアントからの依頼にお応えするイラストレーターの仕事もしていますので、お気軽にご連絡ください。

絵を通して伝えたいことはこんなことです。

今、ホームページを見ているあなたの目、その目から今まさに水分が蒸発しています。

水蒸気となった涙はしばらく空中を漂い、やがて上昇気流に乗って雲へと形を変え、風に吹かれ、山にぶつかり雨となって大地に降り注ぐでしょう。それは川になり、ぼくの家の蛇口から出てくるかもしれません。

あなたの涙が旅をして、ぼくの喉を潤すことがあるかもしれないんですね。

体を作る1つ1つの粒子は、長い旅を経てあなたまで辿り着き、そしてこれからだってあなたの体を飛び出し、世界中を駆ける終わらない旅に出るのです。

そんな命の循環の旅を絵に描けたらいいなぁと思って制作しています。

Profire

1983年 9月10日 宮城県仙台市生まれ。A型、おとめ座。

緑豊かな場所で育ち、物心ついた頃から柿や栗やくるみを採って食べるなど、自然に親しんだ生活を送る。

おんぼろの家の壁を剥がした隙間にヘビが縦にとぐろを巻いていたことがあったりと、驚きに満ちた自然に囲まれた幼少時代。

3歳の頃父が釣った大きなニジマスを描く。

高校は県内唯一の美術科があり、自由な校風の宮城野高校で油絵やデッサンを学ぶ。

その後上京し、文化服装学院でアパレルデザインを学ぶ。

2005年アパレルデザイン科メンズコース卒業。

2007年よりに絵画制作活動を開始する。

個展などの作品展示をはじめ、アパレル、プロダクトデザイン、マガジンなど、多分野のアートワークを手がける。

2013年一児の父となる。自然豊かな鳥取の大山町に制作の拠点を移し、生命と自然を見つめ、絵を描き続ける。

Works

Prize

「東京アンデパンダン展」受賞(2011)

「ART HERE 2012」Flower賞(2012)

「3331ART FAIR 2017」 スカラシップ賞(2017)